プロフィール

せんちょ

Author:せんちょ
関西在住です。
生き物について色々書いて行こうと思います。


カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブログ内検索


RSSフィード


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリガリ音

3日前に産卵木を2本移動させて残り1本だけになっていた産卵セットなんですが、わずか2、3日の間にまるで綺麗なおがくずでもまいたように削られた木屑が産卵木の周りに沢山散乱していました。

たまたま飼育ケースの近くを通った時にガリガリと音がしていたのは、メスが産卵木をかじっている音だったんですね。
何年か前にも似たような音を聞いたことはあったんですが、かなり大き目の音でした。

昨年初めての幼虫ゼロを経験し、しかもあまりの暑さの為に成虫も激減してしまう惨劇でかなりのピンチに追い込まれたオオクワガタ飼育ですが、わずかな光が見えてきました。
今年は何となく幼虫が取れそうな予感がしてきました。
でもまだ分かりませんが・・・。
スポンサーサイト

産卵木別ケースに移動

以前から産卵木がかじられているのを確認していましたが、ここ最近その産卵木がまた急にバリバリとかじられ出して、そのままにしておくと既に中に幼虫がいた場合にメスに食べられてしまう可能性があるので産卵木を別のケースに移動させました。

で、この産卵木を取り出す際にマットに完全に埋め込んでいた別の産卵木は大丈夫かな?と思って何気なく見てみたらかなりボロボロにかじられていました。

kajikaji.jpg

その産卵木が上の画像なんですが5、6センチぐらいの長さで3箇所ほどかじられていて、普通に穴だけ開けられている部分も1箇所ありました。
この産卵木も別ケースに移動しました。

今までは産卵木を完全にマットに埋めることはしたこと無かったんですが、完全にマットに埋めててもOKというのが実証されましたw

今回は産卵木をマットに完全に埋め込むのと、埋めないのを両方やったんですが結果は良かったみたいです。

あとはこの産卵木にちゃんと卵を産んでくれていて、無事に幼虫が取れることを願うばかりです。

ハンドペアリング

前回産卵セットから強制的に取り出したオスと、もう一匹のメスとでハンドペアリングに挑戦してみました。

木を入れた小さいケースにオス・メスを入れたあと、余計な刺激を与えないようにそっと置いておいて別の事をやってましたw
合間にチラッとは見るものの基本はほったらかしですw

かれこれ2時間弱ぐらいはそのままにしておいたんですが、結局交尾はしなかったと思います。(見逃しは無いと思うしw)

某お方からハンドペアリングのアドバイスを受けたんですが、今回素人には上手く行かなかったようです。
その人はハンドペアリングは待ちきれなくて断念する人が多いとも言っておられたので、まあ仕方ないですね。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。